留学先として人気上昇中のフィリピン

フィリピン 留学

近年のフィリピンやセブ島への留学ブームによって、2015年には年間で30,000人以上の日本人が語学留学の為フィリピンへ行き留学生活を行っているのです。しかしフィリピンの治安は日本と比較した場合、決して安全と言い切れるものではないので、事前にしっかりと予備知識を持ち軽率な行動は慎むようにして下さい。フィリピンの実際の治安についてですが、首都のマニラに関しても他の東南アジアの諸国と比較しても犯罪率が高いのが現状です。ただまだまだ良いとは言えませんが、10数年前と比べると近年経済発展が目覚ましい事もあり、少しずつ良くなってきてはいます。またセブ島に関して言うと、マニラと比べ治安は良くフィリピン全土の平均値と比べても犯罪率も低くなっています。ただし日本は世界でも稀なくらい治安の良い国なので、留学先は全く別の場所なのだという事を忘れない様にして行くようにして下さい。

声を掛けられても付いて行かないようにする事

では実際にフィリピンへ留学する際の注意事項を説明します。しっかり肝に銘じて行動するようにして下さい。先ずは留学生活でショッピングモールやレストラン、またはバーなどに行く機会もあるかも知れませんが、その際に現地の人と思われる人から声を掛けられても安易に付いていくのは危険です。日本語で「私も日本に住んでいた事がある」などと気軽に話しかけられる事も多くありますが、一緒に食事に行こうと誘われたり、家に来ないかと言われたりした場合はきっぱり断るべきです。うっかり付いて行ってしまうと飲み物や食事に睡眠薬が入っていて、目が覚めると財布や携帯やスマートフォンなどが盗まれていたという事も起こらないとは言えません。同じく偽札もかなり広く出回っているので、両替をして欲しいと頼まれても「今は持っていません」としっかり断る事が大切です。

初心者にはおすすめの留学先なのがフィリピンやセブ島

気を付けなければならない点は確かにありますが、そうは言っても初心者の方でも欧米やオーストラリアなどに比べて、低い語学力しかなくても気軽に留学できる国なのがフィリピンやセブ島です。英語は本当に苦手で片言しか話せないもしくは中学生レベルだという方でも、安心して行く事が出来ます。そういった方が留学する場合には、学校選びが重要となります。それなりのレベルを既に持っているという方は、学校選びに多少失敗したとしても、自力で問題を解決する力がある程度ありますが、低い語学力からのスタートとなるとそうはいきません。その為、日本人スタッフのサポートがきちんとある事や、ただ単にグループ授業のみを行っている学校ではなく、初心者向けのカリキュラムや初心者への体制が整っている学校を選ぶようにして下さい。