海外に留学するならフィリピンがおすすめ

フィリピン 留学

フィリピンは東南アジアにある、多くの島々からなる共和国であり、公用語は国の言語と英語が使われています。しかし各国からの移住や、今までの支配、島の位置など、色々な条件から、スペイン語や中国語、アラビア語など多くの言語が使われています。経済面においては発展途上国という立ち位置になっていますが、観光に非常に力を入れており、日本だけでなく、多くの国からも人が集まっています。また日本が占領していた時代もありましたが、現在では比較的、親日の国として知られており、日本人が礼節を忘れなければ、親しく受け入れてくれる国でもあります。どのような国にも過去のキズがあり、現在でも様々な近隣諸国との摩擦がありますが、日本との経済的な結びつきもあり、また戦後の賠償、そして日本からの政府開発援助などを通じ、また現在もその援助は続けられており、留学にはおすすめです。

物価が安いフィリピンは留学におすすめ

フィリピンに遊びに行くわけではなく、留学をするわけですから、海外の生活に触れ国際感覚を身に付け、もちろん生きた語学を学びに行くことと思います。そのおすすめの理由として親日の国というだけでなく、物価が安いという面もあります。やはり数週間から数か月、場合によっては年単位で滞在する上に、できれば勉強を優先させたいとなると、生活までにはなかなか気が回らないことがあります。しかし地元で生活をしていくことは多くの貴重な経験を得ることができるので、積極的に外に出ていきたいところです。だからこそ物価が安いという点は、とても助かります。また保護者としても、生活費が安くなるという点は仕送りの額も安くなり、ありがたいものです。その上住居費や食費が授業料に含まれているため、他国、特に先進国に行くよりも安くすみます。

マンツーマン授業で留学の効果が高いフィリピン

フィリピンは日本から飛行機で5時間程という近さも、留学のおすすめの理由です。また日本との時差は1時間程度なので、双方連絡が取りやすいというのも安心できる点です。またマンツーマン授業を行っている学校が多く、語学の勉強という点では、黙っていることが出来ず、強制的にも英語を話す必要があります。また他の生徒に気を使う必要がないため、間違った文法や稚拙な文法を恥じらう必要がなく、先生もこちらのペースをみて授業をしてくれるので、学習面では非常に恵まれた環境と言えます。また他国から来ている生徒も多く、特にセブ島に学校を選ぶと、観光地ということもあり、比較的安全で、かつ多くの国の方たちとも触れ合える、まさに目的に合致する場所に行けるというメリットがあります。その上リゾート地としても美しい海を満喫することもできますので、勉強の合間の息抜き、地元を楽しむという点では非常に嬉しい話なのです。