フィリピンの留学で学べることとは

フィリピン 留学

フィリピンを留学先として選ぶ人が日本人でも増えてきており、日本人は年間2万人、日本人以外にも韓国やベトナム、中東などから多くの人が留学しています。このように多くの人が留学するのは、メリットが色々あるからです。フィリピンは7000を超える島から成る国で、タガログ語やセブアノ語を始めとして地域によってさまざまな言語が話されています。そのため、各地域で交流するためには、共通語が必要でした。16世紀にはスペインの植民地だったため、スペイン語が共通語でしたが、1898年の米西戦争でスペインが敗れてからはアメリカの手にわたったため、英語が共通語になりました。その影響は現在まで続いていて、公用語は英語となっており、小学校から大学まで英語で授業が行われるなど、生活に英語が密着しています。

留学先として多彩な魅力があるフィリピン

フィリピンの人口は1億人ですが、大学進学率は30%となっています。英語で卒業論文が書けるレベルの能力を持った人が3000万人いることになります。人件費は先進国に比べてかなり安いのも特徴です。加えて、フィリピンの留学費用はアメリカへの留学に比べて、学費と寮費だけを比較した場合でも3割ほど安くなっています。実際ここに渡航費や生活費などを加えると、日本からの距離も遠いアメリカに比べてかなり安くなります。また、授業のコマ数も違います。アメリカの場合は1日5コマが標準ですが、フィリピンの場合は無料授業もあり、1日9コマまで受けることができます。これを1コマあたりの料金に換算した場合、アメリカに比べてフィリピンでは3分の1ほどの費用になります。全体の費用が安いだけでなく、より多くの授業を受けられる点も魅力です。

マンツーマンレッスンを受けられるフィリピンの留学

留学する目的は、より多くの時間を英語に触れられるようにすることです。文法や単語は日本でも学習できますが、聞く、話すに関しては日本国内では限界があります。そのため留学するのですが、集団レッスンの場合は、1時間のレッスンの中で自分が直接話せるのは数分ということも少なくありません。ですので、マンツーマンレッスンを受けることがおすすめです。アメリカの場合は集団授業が一般的ですが、フィリピンの場合は、マンツーマンレッスンが授業数の半分ほどを占めます。学校によってはすべてをマンツーマンレッスンにすることも可能です。費用の安さだけでなく、実際に英語に触れられる時間も考慮すると、かなり多くなります。多くの学校が正規の授業以外にも無料授業を設けており、自由に選択できるため、とてもお得感が感じられます。